通信事業
敷地交渉業務


通信事業の基盤は、基地局・アンテナ・電柱の建設が必要となります。その過程で、建設物の敷地の確保と交渉が必要となってきます。
CESでは、交渉専門のスタッフを揃えており、これまでも多くの交渉事に携わってきました。
事前打ち合わせを行い、場所の選定~土地所有者との交渉…といった事業を行っております。



設備点検・巡視業務


既存の設備において、必ずメンテナンスが必要となります。例えば、通信ケーブルに異常は無いか?設備に異常は無いか?等々。また、日頃の巡視を行うことも必要となります。
CESのスタッフは、電線路を熟知しております。また、その活動範囲は中国5県にまたがります。



通信設備設計業務


新たに線路を設けるための設備設計を行います。
これまでの経験を生かしたノウハウで、ルートの選定や必要設備の設計・負荷計算など行います。
また、例えば敷地内の小屋に電気を引きたい!などといったご相談にも応じます。




建柱工事


電柱の建柱工事です。
業務提携をしております、㈱リーブルの協力のもと実際に建柱工事をおこないます。
8mほどの小柱から17mもあるコンクリート柱まで対応可能です。
敷地内に構内柱が欲しい!アンテナを設置するのに必要!などといった要望にも応えます。